緊急避妊薬の事なら緊急避妊薬.jp

緊急避妊薬

緊急避妊薬はモービングアフターピルとも呼ばれていて、性交のあった翌朝に飲むことによって妊娠を回避することができるという避妊薬です。モービングアフターピルは、基本的に望まない妊娠を避けるために開発されているものではありますが、性交の後でも避妊することができるからといって乱用しないことが大切です。

 

具体的な使用方法としては、性交の際にコンドームをつけ忘れてしまったり、コンドームが途中で外れてしまったことで避妊に失敗したといった場合などに使用する形になります。また、同意の上でない性交を強要されたり強姦などの被害にあった際などにも、被害者救済のために使用される場合があります。

 

ただし緊急避妊薬は、日本ではまだ正式に承認されていないものもありますので、服用に際しては医師の判断が必要となります。強姦事件の被害者の方に関しては、緊急避妊薬を公費で得られることができるようになっています。

 

モーニングアフターピルには現在のところ、大きく分けて2種類があります。ひとつはフランスで開発された『ノルレボ』と呼ばれるものであり、レボノルゲストレルを有効成分とする薬です。

 

日本では、2011年5月24日に新薬の『ノルレボ錠』として販売が開始されました。もうひとつは、緊急避妊薬と同じ効果を期待することのできる経口避妊薬です。

 

経口避妊薬は、ホルモンの濃度を調節することによって妊娠を回避するというしくみになっています。ただし副作用が発症する確率はレノルボよりも高く、つわりのような吐き気や腹痛をともなうという場合があります。

 

また、いずれの薬であっても避妊の確率は100%ではありませんので、頼りすぎないようにしなければなりません。モーニングアフターピルは基本的に着床が成立する前に服用し、着床させないようにするとことを目的とする薬です。

 

ですから着床して妊娠が発覚した後に行う中絶とはまったく異なり、倫理的な意識を持って利用することが大切です。



楽天オススメ商品