緊急避妊薬の使い方

緊急避妊薬の使い方

緊急避妊薬は、妊娠を望まない性交渉で避妊を行うことができなかったという場合などに、妊娠を防ぐことを目的として使用されます。使い方としては、性交渉を行ってから72時間のうちに1回目の服用を行い、その12時間後に2回目の服用を行うことが必要となります。

 

ピルの種類にもよりますが、通常2錠のピルをなるべく食後に水や牛乳などによって服用します。2回目の服用の際も、1回目と同じように行います。

 

緊急避妊薬には副作用が生じる場合もあるため、たとえば吐き気などによってピルを2時間以内に吐き出したりしてしまったという際には、医師と相談して追加で服用するかどうかを決める必要があります。ただし服用から2時間を過ぎてから嘔吐したという場合には、すでに薬の効果が現れていると考えられるため、問題はありません。

 

緊急避妊薬は使い方を間違えると、避妊がうまくいかずに妊娠してしまうということもあるため、必ず72時間以内に服用するということが重要です。万が一72時間以内に服用することができなかったという場合には、ピルの効果を期待することができないため、そのほかの方法を産婦人科医と一緒に考えなければなりません。

 

たとえば性交渉から5日以内であれば、子宮内避妊具を挿入することで妊娠を防ぐことが可能です。また、緊急避妊薬はたとえ正しい使い方をしたとしても、100%妊娠を防ぐことができるというわけではないため注意が必要です。

 

緊急避妊ピルの効果は、服用後に月経がきてはじめてわかることとなります。ですから生理の予定日を1週間過ぎても月経がこないという場合には、速やかに産婦人科を受診する必要があります。

 

緊急避妊薬は無防備な性交渉の後に妊娠を防ぐことを目的として使用されますが、あくまでも緊急的な措置として、常用しないということが大切です。ピルを常用してしまうと避妊の効果は低くなるため、本当に妊娠を避けたいのであれば、コンドームなどの事前対策がもっとも重要となります。

トリキュラー

楽天オススメ商品