緊急避妊薬の避妊効果

緊急避妊薬の避妊効果

緊急避妊薬の避妊効果は、薬の種類にもよりますが、平均して98%という高い確率になっています。日本の産婦人科で処方されている緊急避妊薬は、おもにホルモンの量を調節することによって妊娠を防ぐ中用量のピルが一般的となっています。

 

確実に避妊効果を得るためには、緊急避妊ピルを正しく服用するということが重要です。緊急避妊ピルは基本的に、1回2錠を72時間以内に服用するという必要があります。

 

その後12時間後にも、2度目の服用が必要となります。ただし緊急避妊ピルの服用については、性交渉の後早ければ早いほど避妊効果が高くなります。

 

ですから望まない妊娠を避けるためには性交渉の後、速やかに産婦人科を受診して緊急避妊ピルを処方してもらうということが大切です。緊急避妊薬は、国によっては処方箋なしでも購入することができます。

 

性交渉の後でなるべく早く服用することができるよう、世界各地で事前に処方してもらうことができるようにするという運動も行われています。しかしながら性交渉に関しては、パートナーと相談しながら事前に対策をとっておくということがもっとも重要です。

 

たとえばコンドームの着用によっては、避妊効果が高いばかりでなく、エイズをはじめとした性感染症なども防ぐことができます。また、緊急避妊ピルについては健康保険が適用されないため、常用すると経済的な負担も大きくなります。

 

最近日本でも販売が開始された『ノルレボ錠』は、副作用が少なく避妊効果も高いと評判ではありますが、料金は16,000円となっています。従来の緊急避妊ピルと比べると、およそ2倍の価格となっています。

 

ですから万が一、相手の男性が避妊に協力的でなければ、女性の経済的な負担が増すこととなり、それによって望まない妊娠を引き起こしてしまうという可能性もあります。たとえ緊急避妊薬によって性交渉の後でも妊娠を防ぐことができるとはいえ、パートナーとは十分に相談しながら性交渉を行うことが大切です。

トリキュラー

楽天オススメ商品