緊急避妊薬の副効用

緊急避妊薬の副効用

緊急避妊薬は、妊娠を望まない性交において妊娠するような状況になってしまった場合に服用するピルの一種です。具体的には、コンドームなどの避妊具を使って性交したにもかかわらず、コンドームが性交中に破れてしまったなど避妊具の効果が得られなかった場合、または性犯罪などに巻き込まれて強姦されてしまった場合などに利用するピルです。

 

まさに『緊急用』の避妊薬となっているものです。緊急避妊薬は、一般的に『モーニングアフターピル』という名称で呼ばれています。

 

性交の後の朝に起きてから飲む避妊薬というところから名づけられているといいます。避妊薬に限らず、薬というものには必ず副作用というものがあります。

 

ただ、それと同じように、もともとの主旨とは違った良い効果を期待することのできる『副効用』という効能もあります。薬というものはさまざまな栄養成分を含んでいるものですので、自然なことでもあります。

 

ですがだからといって、その成分のすべてが人にとって良い効能をもたらすというわけではありません。逆に意図していなかった成分が、予想外の良い効能をもたらすこともあります。

 

経口避妊薬、つまり一般的にいうピルにはこの副効用が多くあります。もともとは避妊のために研究されていた薬ですが、現在の日本ではニキビの治療やバストアップなどの美容効果、生理周期の安定化、生理症状の軽減や抑制、卵巣がんなどの治療や予防に使われることもあります。

 

ただ、緊急避妊薬であるモーニングピルについては、残念ながら副効用を望むことはできません。それというのも妊娠していない状態の女性の身体に、あり得ないほどの量のホルモンを摂取させてしまうというものであるからです。

 

ですから、緊急避妊薬はあくまで緊急用のものであり、妊娠の可能性のある性交をしてしまった後の妊娠を防ぐための最後の手段です。モーニングピルがあるからといって、むやみに使用するべきものではありません。

トリキュラー

楽天オススメ商品