緊急避妊薬の注意点

緊急避妊薬の注意点

緊急避妊薬を使用する際の注意点としては、まず正しい服用方法を守るということがもっとも重要となります。緊急避妊薬は性行為の後、ヤッペ法の場合ですと2錠を、プロゲスティン・オンリーの場合ですと1錠を72時間以内に服用することが必要となります。

 

また、服用はなるべく早く行う方が、避妊の確率は高くなります。そして1回目の服用から12時間後には、確実に2回目の服用を1回目と同じように行うことが必要となります。

 

万が一、12時間後に2回目の服用を忘れてしまうと、妊娠を防ぐことができなくなる可能性が高まるため注意しなければなりません。そして緊急避妊薬を使用すると、特にヤッペ法の場合については、副作用の現れる場合があるということも注意点となります。

 

副作用としては吐き気やめまい、頭痛、腹痛などがあります。服用してから1時間以内に嘔吐によって薬を吐き出してしまったという場合には、できるだけ早く同量の薬を飲むことが必要となります。

 

ただし再度服用する際には、必ず医師の判断を仰ぐことが大切です。副作用を予防するためには、事前に市販の吐き止め薬を飲んだり、就寝前に服用するといったことなどが効果的となります。

 

ただし就寝前に服用する場合には、必ず2度目の服用を忘れないようにするということが重要です。一方プロゲスティン・オンリーの場合には、副作用はほとんど起きないとされています。

 

ですが万が一、2時間以内に薬を吐き出してしまったという場合には、同様にして再度服用することが必要となります。そのほかの緊急避妊薬の注意点としては、1回の生理周期中に使用することのできる回数なども挙げられます。

 

ヤッペ法の場合ですと1生理周期中に一度しか使用することはできませんが、プロゲスティン・オンリーの場合では何度でも使用することができます。ただし性行為の後に避妊することができるとはいえ、薬にばかり頼りすぎないということが大切です。

 

性行為の際にはコンドームなどを使用し、緊急避妊薬はあくまでも緊急時にだけ使用することが大切です。

トリキュラー

楽天オススメ商品