緊急避妊薬のアイピル

緊急避妊薬のアイピル

緊急避妊薬のアイピルは、性行為の後で服用することによって、望まない妊娠を防ぐことができるというものです。たとえばコンドームをつけていなかったり、何らかの事情によって避妊が失敗したりしたという際などに、性行為の後であっても避妊を行うことができるのです。

 

日本では緊急避妊薬として、『ヤッペ法』と呼ばれホルモンの量を調節することによって妊娠を防ぐ薬、『プロゲスティン・オンリー』と呼ばれ『レボノルゲストレル』という有効成分だけを使用する薬があります。アイピルは、プロゲスティン・オンリーに属するものです。

 

プロゲスティン・オンリーの緊急避妊薬としてはフランスで開発された『ノルレボ』が代表的なものであり、アイピルはノルレボのジェネリック薬品です。使用方法としては、性行為の後の72時間以内に1錠を服用します。

 

ただし使用に際しては、医師の判断を仰ぐことが必要です。また、以前の性行為によってすでに妊娠しているという可能性もありますので、服用する前には妊娠検査薬によって妊娠の有無を確認することも大切です。

 

すでに妊娠しているという場合には、避妊の効果はまったく得られませんので注意しなければなりません。また、アイピルを服用する場合には、性行為の後で早ければ早いほど避妊の効果も高くなります。

 

そのほか、多少の副作用なども認められています。アイピルは取り扱いのある産婦人科などで処方してもらうことがもっとも理想的ではありますが、個人での使用に限り、処方箋なしで個人輸入によって購入するということも可能です。

 

ただし使用に際しては、必ず産婦人科医に相談するということが推奨されているため、一度目は産婦人科で処方してもらい、二度目から個人輸入で購入するという方が多くなっています。価格は販売会社にもよりますが、だいたい1箱1錠2,000円前後となっています。

 

1度に5箱以上購入すると、安くなる場合もあります。説明書などは通常和訳されていますが、使用に際しては自己責任となるため注意が必要です。

トリキュラー

楽天オススメ商品